2017年03月21日ウォールステッカーのご紹介

そういえば、最近ティッティはどうしてるんですか?っと、お尋ねいただくことがチラホラ。

気にして下さってどうもありがとうございます。おかげさまで元気にしているのですが、母の家に合宿中。

 

レオちゃんがまだ寝ているだけの赤ちゃんの頃は一緒にお昼寝をしていた仲ですが、まだ加減の分からない

レオちゃんに最近は四六時中追いかけられて、ティッティはとても迷惑そうだったので、母の家で預かって

もらうことにしました。

 

それでも時々会うとティッティ ティッティと呼びながら追いかけまわしています。

優しくナデナデしながら一緒に遊べるまではまだ少し時間がかかりそうです。

 

気づけばもう3月も半ばを過ぎ、4月4日のイタリアオケとの共演コンサートももうすぐで、それが

終われば5月13日の軽井沢でのコンサート。

毎回コンサートによって演目もアレンジも違うので、準備に時間がかかるため、コンサートからコン

サートまでの時間はあっという間に経ってしまいます。

 

ママが歌を歌っている人だとわかり始めたレオちゃん。

軽井沢の頃にはコンサートは聴けずとも、その雰囲気を味わいに連れていってあげたいな。と思っています。

 

 

ところで、我が家のこだわり?の育児方法など、いろいろと尋ねてくださるファンの方が多いのですが、

何からお話したらお役にたてるかな?っと考えていました。

で、今日は、我が家を訪ねてくれる友人が意外と「いいね」と揃って言ってくれることが多い、ウォール

ステッカーのご紹介をしたいと思います。

 

↓ 簡単に貼れて、簡単に剥がせるステッカーで、真っ白の殺風景な壁が子供テイストの楽しい空間へ簡単に

変えられるので、我が家では季節やイベントごとにあわせて取り入れています。

したの写真は通常時で、アルファベットと動物を遊びながら日々覚えるのに貼っています。

 

_1120931.jpg

 

クリスマスの時期は、ツリーを飾りたくてもお子様がいると危ないから・・・と断念しなくとも、ステッカー

でもこんさにお部屋がクリスマスムードに早変わり!

 

_1120439.jpg

 

桃の節句や、こどもの日。春、夏、秋、冬、とそれはそれはたくさんのバリエーションがあるので、お部屋の

雰囲気にあわせてデザインを選ぶのもママとしては楽しい一時ですよね。

 

剥がす時期が来た時、お子様と一緒に身体中にペタペタ貼りながらお片づけも子供にとってはいい思い出に

なるんじゃないかな?と思います。

お部屋に物が増えないというのが、最大のメリットだと思うのですけど、毎日目にするものなので、知らず

知らずにシールを見ながら会話をすることで、レオちゃんは大分多くの動物の名前を覚えることができました。

 

「象さんまで行って帰ってきてねー」とか、「ライオンさんまで行って帰ってきてねー」とちょっとした

ゲームにしながら楽しそうにタッチしては戻ってきますよ。

 

いかがでしょうか?

大人向けのデザインもいっぱいあるのでみなさんのお家にあうお気に入りを見つけられては?

2017年03月09日星の音楽会 森の音楽会 ♪

ずっとずっと温めてきた企画「動物縛りで曲を書いてCDにする」=「通称=動物シリーズ」の製作が具体的

に動き出しています。

これまでに書いてきた動物の曲と、新たに時間を見つけては動物たちの目線になって曲を書いています。

 

息子レオナルドも1歳になり、クマや象、ライオンなどのマネをするようになって、音楽にもとても興味を

示します。

長らくこの動物シリーズを楽しみにしてくださっていたファンの方達には、だいぶ長らくお待ちいただく

形となってしまいましたが、レオちゃんの様子を伺いながら進める動物シリーズの製作は、待つべくしてこの

製作時期は今がベストだったのかなっと、私の心はすっと納得しています。

 

 

 

さて、先日、お天気のいい休みの日、レオちゃんと動物園に行った時のこと。

それなりに混んでいた動物園でバギーを押しながらだと、なかなか最前列で人気者にお目にかかるのは

至難の技だったのですけど、誰よりも興奮していた母は、素早くいいポジションを捉えていたようで、

家に帰ってきてから、送ってきてくれた写真にちょっとびっくり!shine

 

S__7561244.jpg

 

まるでナショナルジオグラフィックなみのシロクマさんの泳ぎがわかる生態写真。しかも携帯で。

 

S__7561245_0.jpg

 

 

この姿で北の海を豪快に泳いでいるのだと想像するだけで地球の広さ、生き物の神秘、同じ時を生きている

不思議。なんだか色々なことが頭に浮かんできます。

楽しい音楽に載せながら優しい気持ちを育てる歌や、世界に溢れる様々な違いに目を向けられる。そんな

音がつまったCDが出来上がったらいいなと思いながら姿形がそれぞれ違う、動物達の歌を書き進めています。

 

 

CDが出来上がるのは少し先のことと思いますが、その動物シリーズをステージで初披露する機会にぴったり

のコンサートのご案内をさせてください。

 

「星の音楽会 & 森の音楽会」

緑が風に揺れる頃、軽井沢の風の中、星の音楽会 & 森の音楽会を開きます。

5角形の緑に囲まれたコンサートホール「大賀ホール」を初めて見た時、その素敵ないでたちに、

「まるで星のよう、そして箱舟のよう!」と思いました。
 

その2つのインスピレーションが元になり、この素敵な場所でちょっと欲張りなコンサートがしたく

なりました。「星の音楽会」と題した1部ではこの日の為にアレンジする私のこれまでのオリジナル

楽曲を楽しんでいただく通常のコンサートを行いたいと思っております。そして、「森の音楽会」と

題した2部では、大事にあたためてきた動物シリーズを初お披露目したいな。っと、思っております。
クマやキリン、ライオン達をモチーフに、様々なストーリーを音でお届けしたいと思っています。

 


【KOKIA 2017 星の音楽会 & 森の音楽会】
【日  時】2017年5月13日(土)開場14:00/開演14:30  
【会  場】軽井沢大賀ホール(〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東28-4)
【お問合せ】キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999
【一般発売】2017年3月19日(日)

 

 

 

遠くの海で、遠くの草原で、遠くの森で、今日も生きている彼らを想像する。

それだけで少し心の大きさが一回り大きく物事を考えさせてくれるように思うのは、私だけでしょうか?

2017年02月27日苗場プリンスコンサート ♪

雪景色に包まれた苗場プリンスホテルでのコンサートは、どこか別世界のお話のようなゆったりとした時間

が流れていました。snow

ゲレンデを背に白銀の世界を背負ってお送りするコンサート。

まるで雪景色の一部になったようなシチュエーション。

夜、昼と全く別の雰囲気をお楽しみいただけます。

 

IMG_5408.jpg

 

今回で6回目の開催となったこの苗場プリンスホテルでのコンサート。

ここでのコンサートの”特別感”を、いつも文字にしたいと挑戦するのですが、その雰囲気の素晴らしさは

やはりいらしていただかないと伝わりきらないようで、今年も初めてご参加いただきましたお客様から、

こんなに素敵な環境でコンサートが聴けるなんて想像以上でした。shineと、感想いただきました。

ありがとうございます。

 

_1120897.jpg

 

年が明けてから大きめのホールコンサートや海外公演が続いていたのでお客様と近い距離でのこの感じが

なんとも気持ちをほっこりとさせる、和やかなコンサートを送ることができました。

 

それにしても今回のコンサート、前回の公演が2012年だったということで、改めて5年もの月日がその間に

流れてしまったということに驚いてしまいました。

その間にいろんなことがあったな。

私にとってコンサート会場というのは、様々な思い出を思い起こさせるアイテムであります。

だから、いろんなことがあった5年だからこそ、またここに歌を届けに帰ってきているということを愛おしく

感じながら歌うステージとなりました。

そういう時、自分で書いた歌詞なのに、歌詞に込められた言葉がメロディーに載せて自分でなぞる度に、

自分の心に響きます。

 

さて、次回は4月4日の東京オペラシティです。

その日の為のオーケストラアレンジが続々と出来上がってきていて、その美しい響きに歌う前から興奮して

います。shine皆様の起こしをお待ちしております。

2017年02月18日KOKIA × ローマ・イタリア管弦楽団 ♪

4月4日に大決定しております、ローマ・イタリア管弦楽団の皆様の伴奏によるKOKIAのコンサート。

本日より一般発売となりました。shine

kokia_A4_omote_sample.png

 

イタリアのオーケストラとの共演など、またとないことかもしれないので、せっかくという事で

私の楽曲の中で唯一のイタリア語楽曲「il mare dei suoni」を始め、今回の為に選曲されアレンジされ

た曲を携えてお届けいたします。

 

東京のワンマンのコンサートといったら、オーチャードホールや、国際フォーラムが多かったのです

けど、今回は東京オペラシティで演奏です。

とても素敵なホールで以前から歌ってみたいなと思っておりましたので、そうした意味でも楽しみです。

 

コンサートの頃はもう春の中でしょうか。

寒さの中に春の気配を感じ始めている今日このごろ。春の便りはなぜいつも、穏やかで柔らかな気持ち

を届けてくれるのでしょうね。

春の中で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

 

IMG_5323.jpg

2017年02月13日苗場プリンスコンサート

来週末にせまった苗場プリンスでのコンサート。

久しぶりの雪国訪問に少し前から心踊っています。

私が小さな頃、我が家は冬となればシーズンの間に何度もスキー場に足を運ぶスキー一家でした。

大人になって今考えてみると、東京から車を運転して道具一式を持って子供達と一緒にスキー場に行くって、

とても楽しそうに聞こえるけれど、一方でなかなか一苦労な大移動を毎月のように私を連れて繰り返し

ていた母はすごいなぁっとおもいます。

そんな幼少期の思い出から、苗場でのコンサートは雪国に向かうというだけでとても楽しみなんです。shine

 

コンサートが終わったら少し滑りたいなっと思いながら、でも、もしかしたらもう滑れないかな?っと、

どうしようか葛藤しています。

スキーは自転車みたいなもの。一度滑れるようになったら体が覚えている。っとどこかで聞いた気がする

のですが・・・snow

(ご存知ない方に一応お伝えしておきたいのですが・・・私、どうも運動神経悪そうに見えるらしいの

ですが、結構いい方だと自分では思っていて、とかくスキーは結構うまかったんですよ。^^)

 

私のようにスキーを楽しむか、どうしようか悩んでいる方も、雪景色を部屋の中から楽しむという形も

十分に成立しますので、日常にはない景色の中に身を置きにいらっしゃいませんか?

 

スキー場で食べるカレーはなぜか美味しく感じたり、雪国で入るお風呂がなぜか気持ち良かったり。

環境で感じ方って変わるの、不思議ですよね。

↓ コンサートの詳しい情報はこちらをご覧ください。

http://www.capital-village.co.jp/calendar/concert/2016120701.html

2017年02月03日華やかに始まった2017年

2月になりましたね。

2017年の幕開けはハリウッドフェスティバルオーケストラとの共演により、私にとってはとても華やかな

幕開けとなりました。

上海での公演も重なり、1月はとてもきらびやかに過ぎていった感じがします。

 

P1120786.jpg

 

様々な国の人と一緒に音楽を作ってゆくこと、そして様々な国の方にその音楽を届けることは、私にとって

は、音楽というツールがもっている基本的なものに触れられるようなところがあります。

それは何なのか?というと、「音を通じて共鳴、共感する」=一緒にグルーブする。というようなことなの

ですが、そういった当たり前のことに改めて気付かされます。

 

_1120783.jpg

 

映画音楽からだけでなく、私のオリジナル楽曲もお届けしたコンサートの終わりに、一緒に演奏した団員の

方から、「歌詞の意味はわからないのだけど、あなたの歌、世界がとても好きだ」と声をかけてもらいました。

お客様からいただくそういった感想はもちろんとても嬉しいのですけれど、一緒に音を奏でた仲間から

言われるのは別格に嬉しいもので、私のやっていることは、奏でている音は間違っていないのだな。っと

再確認できる場面となりました。

 

最近は中国に足を運んでおりますが、以前はヨーロッパとご縁がありましたので、将来的にアメリカでも

歌ってみたいなという気持ちがあります。

いつか彼らのような方たちと一緒にアメリカで演奏することを夢みて・・・shine

 

とても濃厚で充実したはじまりの月でした。

2017年01月26日LAYERS ♪

たくさんのコンサートDVDをのこしてきました。

その中で1番観てほしいDVDになりました。

LAYERSってどんなステージだったの?

KOKIAの多重の世界ってどういうもの?

言葉で説明するよりも、やっぱり観ていただくのが1番伝わると思うから。

 

私がいつも音の中に見ている色彩と空気感、光と影と揺らぐもの。をステージで表現したらこんな風に

なりました。

 

コキア印でお買い求めいただけます。 http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=111541801

 

「つまみぐい」映像はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=OemhL3bOVfA

_1120776.jpg

 

2017年01月21日ご褒美

あまりの日々の忙しさに、私の24時間は本当にこれまでの同じなんだろうか?っと疑ってしまうほど。

お花を飾ってほっこりしよう。

そんな小さなご褒美の効き目は絶大で、本当にほっこり。

 

ファンの方からや、母が時たま買ってきてくれるお花以外で、自分で買ったのは本当に久しぶり。

 

_1120753.jpg

 

私はちょこちょことやらなくてはならないことが頭の中に残っていると、全くピアノに向かう気持ちになれ

ないことが多いので、日々の雑務を1週間分ほど先取りして、今週は晴れて、ずっとずっと取りかかりたかっ

た「動物シリーズ」の曲書きを本腰入れてはじめました。

 

「くじら」の歌と「羊」の歌ができました。

来週は「お猿」の歌と「カンガルー」あたりをつくろうと思っています。

 

レオちゃんと過ごす日々が色々とヒントになって曲作りが進みます。

大人にも子供にも楽しんでもらえる動物シリーズは私から全てのキッズに贈る、音ギフトであり、実は大人に

向けたメッセージも込められています。

なんか仕上がりがとっても楽しみになってきました。

道のりはまだ長いけれど、ずっと受け継がれるような素敵な音ギフトを作りたいと思っています。

2017年01月17日上海公演 ♪ UTA-Live

上海に歌を届けに行ってきました。

昨年の4月、初めてワンマンをして以来の訪問。

待っていてくれる人達がいるところへ再び歌いに行く時は、「ただいま〜」という気持ちで訪ねてゆける

のが嬉しいところです。

今回はUTA-Liveという日本の文化、歌を紹介するイベントのメインゲストとして立たせてもらったステー

ジでしたが、たっぷりの90分のメニューはじっくりと歌を楽しんでいただくには十分だったのじゃない

かな?っと思います。

12月にプロモーションで上海に行った際に、現地見学をさせてもらっていた会場のマジェスティック

シアターは、見学させていただいた時から、何か私の波長とあう、いいホールだなという感じがして

いました。そんなこともあって、当日のアレンジも会場の雰囲気にあわせて考えてゆきました。

 

DSCN0858.jpg

 

たくさんのお客様が楽しみにゾロゾロ。開演前から集まっています。

この感じ、ヨーロッパツアーをしていた時によく似ているなっと写真を見て思い出しました。

まるでフランス公演の時と絵図らがそっくりです。shine

 

この日のためのイントロを付けた「心のロウソク」で始まったパフォーマンス。

一声出した瞬間、言葉の壁を越えて、中国のお客様と私の歌がす〜っとお互いに気持ちを通い出す感じが

しました。本番中、不思議なことですが、空気を通じて、お客様がどんな気持ちで私の歌を聴き入って

くださっているのかというのは、どこの国に行っても手にとるように感じることができます。

 

AW6A7355.jpg

 

楽しく、幸せな時間が流れ、皆様のおかげでUTA-Liveは大成功だったと思います。

今回、このイベントのためにプロモーションで事前に上海に足を運んでいたこともあって、このイベントに

関わっているスタッフの皆さんと、とても親しくさせてもらっていました。

お話をする機会が事前にたくさんあったので、イベントに寄せるみなさんの強い想いと人柄を知っていただけ

に、私もどうにかこのイベントを成功させたいという想いが強かったので、お客様にたくさんいらしていた

だけて、大盛況に終わって本当によかったなと思っています。shine

 

中国のスタッフの皆様、日本のスタッフの皆様楽しい時間と中国のファンの方に歌を届ける機会をいただき、

本当にありがとうございました。

 

そして、何よりも日本で歌う日本人の私に、このようなメッセージを贈ってくださる中国のファンの方達に

感謝の気持ちがとまりません。

こうしたメッセージはただ私の歌が好きということだけではなく、KOKIAという歌う人の活動に心を寄せて

応援してくださっているという愛を感じます。

「次の10年も20年も一緒に歩んで行こう」この言葉は私が心のそこからいつも応援してくださっている

ファンの皆様にステージの上から贈った言葉です。

それをちゃんと受け止めてこうして戻してくれることが、本当に嬉しかったです。

 

IMG_0950.jpg

 

今年はもう一度ワンマンで中国を訪れる予定になっています。

今回、会場に足を運んでくださった皆さんとまた再開できますように。

種まきが少しずつ実を結ばせて、音見の輪を広げていってくれますように。

 

また帰ってくるね。いっぱい元気をありがとう。

 

IMG_5104.jpg

 

そ、そういえば・・・

嬉し悲しびっくりな出来事だったのですけど、お客様がいっぱい物販コーナーに押し寄せて、公安(POLICE)

から物販販売停止となってしまったと、楽屋にて聞きました。

そんなわけで当日販売中止になったアイテムは中国のファンの方向けにネットで購入できるシステムが整備

されるようなので、楽しみにしていてくださった皆様はそちらをご利用くださいね。

みんな!興奮しすぎよ〜ん。^^;

2017年01月12日週末は上海へ ♪

2017年の私の歌い始めは6日。横浜はみなとみらいホールでした。note

大好きな映画音楽を舞台袖で聴いて出番を待った1部。

大好きなジョンウィリアムスのインディージョーンズやスーパーマンのテーマにワクワクしながら自分の

出番を待つあの感じ、とっても好きでした。

 

初めて立ったみなとみらいホール、とても好きでした。

うまく言えないけれど、お客様との垣根がないように感じられる。そんなホールだったなっと。

機会があったら、自分のワンマンもやってみたいなと思いました。

平日のお昼間にもかかわらず、たくさんの方が足を運んでくださっていて、お昼の時間からビールを飲め

た日に、なんだかみんなが働いている時間に何かを楽しむという贅沢は、ちょっと格別な時間と感じてし

まうような・・・そんな不思議な時間が流れていたように思いました。

 

ハリウッドフェスティバルオーケストラを入り口に、この日会場に来られているお客様も多いと思った

ので、心の中で「はじめまして、KOKIAともうします。どうぞこれからもよろしくお願いします」っと

唱えながらのステージとなりました。

渋谷文化村オーチャードホールでの公演は少し先ですが、28日になります。

是非、映画音楽とKOKIAの歌を楽しみに、皆様でお越しください。

 

そしてその間に、この週末私は上海で公演があります。

UTA-LIVEというイベントに出演するのですが、栄えある第一回目ということでワンマンと同じほどの

ボリュームたっぷりの内容なので、中国のファンの方達にはたっぷりと楽しんでいただけるのじゃない

かな?っと、今から楽しみで仕方がありません。shine

 

昨年の4月に初めてコンサートをさせていただいて以来です。

種まきをはじめた地で何かが芽吹きつながってゆくその感じに感謝しています。

心を込めて歌ってきます。