2019年04月18日コキア印とtontonton

春になりましたので、20周年イヤーを記念して行わせていただいておりましたオフィシャル通販サイト

「コキア印」での20%オフキャンペーンを終了させていただきました。

この機会にたくさんの方にご利用いただけましたこと、嬉しく思っております。

 

また、新たに立ち上げたtontontonプロジェクトの商品を、「コキア印」でも一緒にお買い求め

いただけるように、商品サイトをひとまとめにさせていただきました。

商品サイトが別にあったこれまでよりも、DVDとtontontonのアルバムなど、一緒にお買い求めいただき

やすくなったかと思いますので、今後もコキア印をどうぞよろしくお願いいたします。shine

 

http://ancocoro.shop-pro.jp

 

この春新商品ででたばかりで私からのお勧めである「Journy to Me」のトレーラーがもうすぐ立ち上が

りますので、そちらも楽しみにしていて下さい。

 

2019年04月17日ancoroちゃんへお知らせ

本日、ファンクラブ先行のご案内をclub ancoroの会員の皆様にメールマガジンで送らせて頂きました。

本来ならメールマガジン過去歴閲覧ページにも掲載したいところなのですが、新しいパスワードに設定

をいたしましたところ、そのパスワードが有効になるのに、1日ほどの猶予がかかるということで、

メールマガジン過去歴への掲載は明日以降とさせていただくことにいたします。

 

いずれにしても、本日、メールマガジンが会員様にもかかわらず、届かなかったという方がいらっしゃ

いましたら、clubancoro@kokia.comの方へお問い合わせをいただけましたら、再送させていただきま

すので、ご確認下さい。

2019年04月16日club ancoroの皆様

こんにちはKOKIAです。

気まぐれな天気に振り回されながら、新たな春風をつかもうと、ワサワサしております。

 

今日は久しぶりのコンサートのお知らせに伴う、ご案内です。

 

 

6月に新しい音楽の形を模索したステージを準備しています。

明日には詳しくclub ancoroの会員の皆様には、メールマガジンを送らせていただく予定ですが、こちらの

コンサートのためのファンクラブ先行販売がもうすぐはじまります。

 

ここでお知らせをしたいのが、前回の伝承ホールのコンサートから導入したLINEチケットさんによる、

ファンクラブ先行販売を実施するため、LINEのアカウントをお持ちでない、会員の方には、お手数ですが、

事前にLINEアカウントをご準備いただきたい。というご案内になります。

 

また、今回は抽選ではなく、先着順で締め切らせていただく方法になりますので、メールマガジンが届かな

かった。などのトラブルを防ぐためにも、こちらのブログの方にこうしてご案内させていただいております。

明日、メールマガジンを送らせていただくと同時に、メールマガジンの過去歴閲覧場所にも、同じ情報を

掲載させていただきますので、もしもメールマガジンを受け取れないなどの不具合がありましたら、そちら

で、ファンクラブ先行の情報をご覧いただけますよう、お願いいたします。

 

 

20周年マラソンの終わり

これまでにはなかった何か新しそうなことに挑戦したいなと思っています。

2019年04月09日やっと ほっと

卒業ライブも終わり、4月29日に発売されるライブ盤ベストアルバム「ALIVE」をもって、私の20周年

イヤーマラソンは本当にゴールです。4月29日にはその感謝の気持ちを多くの方にお伝えしたいという

想いから、初めてLINE LIVEで生ライブ配信のライブを行うことが決定しておりますが、伝承ホールで先日

行われた「卒業」ライブでだいぶやり終えた高揚感に包まれています。

 

ここotonamiで長年にわたって私の言葉に耳を傾けてくださっている方には、すでに私がこんな時、どん

なことになる傾向があるか、ちょっと予感できたりするかもしれませんが・・・

 

やっとほっとできる時を迎えると、必ずと言っていいほど、やりたくても時間が許さず、できなかった事

をじゃんじゃんまたやりたくなる。という、衝動に襲われます。

そんなわけで、ほっとしたかったくせに、ほっとしながらムクムクと体の奥から湧き上がる楽しいアイディ

ア達の、どれから手をつけようか、美味しいラテの飲んだり、いつもより遠回りをして歩いたりしながら

心にピタリとくるものを探しています。

 

私の仕事はほとんどがアウトプット。

何か作り出したり、伝えたり。

 

私の中から産まれてくるものを形にすることがほとんどですが、その「私」の中に、いろんな形で、

インプットを心がける時期というのがあるのですが、今はそんな時期です。

みんなの心が春のようにケラケラと笑いだすような、楽しいことを考えたいと思います。

楽しみにしていてください。

 

そういえば!

春は何か新しいことを始めたくなる季節ですが、遅ればせながらインスタグラムを始めました。

言葉はここで綴り、心が動いた「瞬間」はインスタグラムでお伝えしていけたらいいなと思っています。

 

 

KOKIA、ライブベストアルバム発売記念特番「LINEライブ」のURLはこちら

になります。429 19:00 

 

https://live.line.me/channels/520/upcoming/10963918

 

 

 

 

2019年04月01日2019年 春

心の中に、まるで冬から春への移り変わりを感じながら過ごした2日間。

とうとう、20周年マラソンのゴールとなる、「卒業」ライブを終えました。shine

 

2日間行われたコンサート初日は、これまでを振り返るような時間。

2日目は、春の訪れを胸に感じながら溢れる喜びに包まれて、体じゅうから音や歌が溢れて、私自身が

大きく枝葉を伸ばした「KOKIAの樹」に本当になってゆくような、充実感に包まれた時間となりました。

 

一人でも多くの人が、この歌う「KOKIAの樹」の下で、休んだり、集ったり・・・

居心地の良い場所として、みんながこの樹の下に集ってくれたら嬉しいなという想いで、これからも

歌っていきたいと心から思いました。

 

時には子守唄のように。優しく。

時にはエールを送る春風のように。

時には静かに寄り添い泣く、悲しい歌も必要でしょう。

 

新しい風が吹く度に、さわさわと揺れる葉音のように、心地よくみんなの心を撫でてゆきたい。

 

この満たされた気持ちを次の歌い手としてのステージで、応援して下さる皆様にお返しできたらと

思っています。

 

いつもありがとう。

そして これから先も一緒に歩いてゆきましょう。

 

insYU5_4421.jpg

 

 

桜の花びらが 音楽の中に 心の中に はらはらと舞い降りるのが私には終始見えた

幸せな 春の風景の中で歌っていました

2019年03月27日ライブ盤ベストALIVE 発売決定

20周年メモリアルイヤーの終わりにライブ盤ベストアルバムが発売になります。

タイトルは「ALIVE」shine

「私が輝ける場所=活き生ける場所」という思いを込めて。

 

image001_600.jpg

 

 

1月30日のotonamiに綴っていた・・・

20周年の終わりに、KOKIAという歌い手として20年生きてきた「輝」を盤に残すために過去の音源

を聴きかえしていたのは、この為でした。

 

 

KOKIAデビュー日として思い入れのある、4月29日という日付に、2枚組24曲を収録した、私が

KOKIAとして歩んだ、ライブHistoryを皆様にお届けして、20周年マラソンの最後を飾らせて頂ける

ことを心から感謝しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「商品情報です」

KOKIA

Live Best AlbumALIVE -The live history-

2019.04.29 release

[初回限定盤] VIZL-1584/4,167+税 *アニーバーサリーLPサイズジャケット仕様(31cm×31cm)

[通常盤] VICL-651889/3,704+税

※スマホで今すぐに聴ける全収録曲プレイパス対応

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

また、このライブアルバムの発売を記念して、4月29日の発売日当日には、LINE LIVEで、生ライブ

配信を行うことが決定いたしました。

こうした試みは、私にとっては初めてのことで、いつも遠方から私のコンサートにお越しくださる皆様

へ、遠隔であっても、感謝の気持ちを歌にのせて、生の歌をその日にお届けしてみたい。という想いから

実施する運びとなりました。

 

KOKIA、ライブベストアルバム発売記念特番URL

429 19:00

https://live.line.me/channels/520/upcoming/10963918

 

音は空気を伝って温度や感情、クオリティーそのものが、伝わるものですので、実際には、同じ空間

に居合わせることのできる、コンサート、ライブ=生にこだわっている私ですが、私の歌を聴きたい

と言って下さる方々の気持ちに、こうした形ででも、応えられるのなら、機会があれば、時々やって

いくのもいいな。と思っています。

まずは、初めてのLINEライブ。私にとってもお客様にとっても。

どんな状況になるかは、分かりませんが、楽しみにしてまいりたいと思います。

 

格好いいジャケットについて、また素敵な初回盤について、語りたいことはたくさんあるのですが、

明日、あさってに「卒業ライブ」を控えているので、今日はここまで。

私にとっては、5年ぶりに心から春の中に佇んでいる。そんな気持ちで明日は会場に向かいます。

穏やかで、優しい春の中で歌えることに感謝して。

2019年03月26日おたのしみのお知らせ

木曜日、金曜日にせまった伝承ホール「卒業ライブ」ですが、コンサートの

開場は18:30

開演は19:00

なのですが、コンサートの「おたのしみ」物販開場を早めることになりました。

初売りのDVD「Journey to Me」があったり、CDもDVDも何から何まで20周年イヤー最後の総決算で、

品揃えさせていただきます為、物販開場として、18時から販売を始めさせていただく事になりました。

 

今回の公演は休憩時間がありません。

物販販売をさせていただくのは、コンサート前の1時間と終演後30分を予定しています。

また、コンサート開場でこれまで20周年を記念して20%オフになっておりましたDVDは、4月29日を

もちまして、通常プライスに戻る予定ですので、気になっている商品があれば、この機会に是非、お買い求

めいただければと思います。

 

 

また、両日ともに完売しておりましたお座席ですが、収録席から少し販売にまわせるお座席が出ましたの

で、当日券として、28日は4枚。29日は6枚出させていただく事が決まりました。

物販開場時間から開演10分前までの受付となりますが、直接、コンサート会場の入り口受付にいらして

下さい。(枚数に限りがありますので、なくなり次第終了の旨、ご了承下さい)

2019年03月23日じらされますね

桜もおもわず咲いてしまいそうな温かさに包まれたと思った途端、沁みるような寒さが戻った今日、

じらすなぁ・・・・と、この気まぐれな春の到来を楽しんでいます。

うす桃色の季節はすぐそこまで。

 

さて、28日、29日の「卒業」ライブを目の前に準備が進められていますが、20周年マラソン最後の

催しのため、終わった後の達成感を今から楽しみに考えています。

そこで今日は、ライブが終わったあとの週末に考えているお花見イベントのご案内です。

 

今月の頭に行われた八ヶ岳音楽堂で、コンサート終了後に、お泊まりになられていたファンの方々と、

夜に語らえる時間がありました。その際、「卒業ライブの頃は、ちょうど桜の季節ね」とはじまり、

そういえば、もう何年も前のことですが、お花見イベントをファンの皆さん達と行ったことを思い出し、

「今年もやりましょうか!」っという運びになりました。

 

というわけで、28日、29日のライブが終了した次の日、30日に渋谷、代々木公園にて、20周年

マラソンゴールを祝した「お花見会」を開催いたします。

 

ただし!!

フランス・パリで行われたトロカデロ広場での記念撮影会と同じくですが、場所と時間はアナウンス

させていただくのですが、お集まりになられる人数など、全くよめないので、あくまでも、各々、

代々木公園の桜を見に、お散歩ついでにいらしてくださる。くらいのテンションでご参加いただけたら、

嬉しいと思っています。

 

ひとまず、原宿駅から明治神宮の入り口を隣に見ながら、1番近い正面の門のあたりに、

 

cherryblossom お昼の12時に集合することになっています。

当日は黒のKOKIAパーカーを着られたボランティアのancoroちゃん達を目印にグループを探していただけ

たらとのこと。

12時〜12時15分まで(15分間)様子を見た後、ボランティアancoroちゃん達が準備して下さって

いるお花見ポイントへ移動します。

 

移動後、どのようにお伝えできるかわかりませんが、ここ、otonamiに場所情報をお伝えしますので、

もしも遅れてしまわれた方はそのブログに掲載される情報を頼りにいらしていただくのがいいと思います。

 

riceball お花見という季節がくれた偶発的に生まれたアイディアなので、見切り発車なところがありますが、

『ちょっとした』楽しい企画になればと思っているので、あまり気合を入れすぎずにご参加頂けたら

嬉しいです。

飲み物、食べ物は自分の分は自分で持ってくる。余裕があったら、もう一人分持参いただければ、みんな

でワイワイできるのでは?と思っています。

 

座り込んで話し込むのもあり、「こんにちはー」だけ言いに来てくれて、そのままお友達と別のお花見会

に行かれるのもよし、一緒にシャボン玉?や、ボール投げ?や、フラフープ?するのもありなので、

楽しそうなアイディアありましたら、ご持参下さい。

 

 

もしも、もしも、会えなくても、もしも、もしも、迷子になっても、ものすごくがっかりしないで、そんな

時はきっと、きっと、咲き誇っている綺麗な桜をご覧になって、春に充電されていってくださいませ。

 

 

終わった後のお楽しみが半端ないですが、28日、29日頑張ってまいります。

20年どんな時も応援し続けてくれたみんなが居たから、今の私があります。

 

本当にありがとう。

今年の桜の季節の中に、みんなと一緒に居られることが、本当に、本当に嬉しいです。

じらされた分、もうそこまできている春を心から楽しみたいと願っています。




*このお花見会は公式のイベントではありません。
ただなんとなく、こんなことをしたら楽しいかな?というアイディアから生まれた企画ですので、

そのニュアンスをご理解いただいた上で、ご参加くださると嬉しいです。
ちなみに、雨天の場合は、自動的に中止になると思いますが、そのむねもそうなった場合は当日、

ブログに掲載させていただきますので、ご安心を。

 

2019年03月08日Journey to Me 完成

20周年イヤーの終わりに、残しておきたい想いを

パリのコンサート映像と共に、2枚組のDVDに致しましたshine

 

COVER Blog.jpg

 

様々な想いが駆け抜けた1年。

20周年という節目はやはり、自分を振り返り、これからの歩みをどう生きてゆくのか、考えるきっか

けをくれました。

 

インタビューの中、ちょっと喋りすぎたかなぁ?と思ってしまうほど、インタビューでは、普段あまり

お話しないこともたくさん話させていただきました。

私は他でのアウトプットをあまり持っていないので、少しお喋りになって話したこうしたことも含め、

20周年という時だからという、特別感がありました。

 

この先、私の歌に出会った方たちが、どんな歌い手なんだろう?と興味を持ってくれた時、たくさんの

作品の中から、私の歩みに触れてくれることと思います。

アルバムも、コンサートDVDもたくさんリリースしてきました。

きっと、この先も更新され続けるので、全部の場面と出会うのは興味があってもなかなか、大変そうな

気がします。

 

そこで、「KOKIAからのオススメがあれば」というシェフズレコメンドみたいなものをお伝えしたい

と思います。今回、ここでオススメしたいのは、5つのDVD作品。

この度発売になった、「Journey to Me」を含む5作品。

「KOKIAってこんなミュージシャン」ということがきっと、観て下さった方の中に、映し出されるはず!

 

 

*コンサートDVDどれでもお好みのを一つ。

*「LAYERS」のコンサートDVD/他のコンサートとは一味違うKOKIAの多重録音の世界

*「COLOR OF LIFE」(15周年)コンサートDVD/私の歌人生でもっとも忘れられないステージ

*「Bird Watching」(4枚組DVD)/20年分の私がコンパクトに見られる素晴らしい映像集

*「Journey to Me」2枚組DVD/今の私、これからの私に触れていただける作品

 

 

この作品と3月末のライブをもって、私の20周年マラソンはほぼ完走ということになります。

「ほぼ」というのは、4月にまだ、もう一つ、嬉しいお知らせができるのを待っているところだからです。

 

どうぞ私のゴール!を見届けてください。

(本編終了後、もくじに掲載しなかった映像が収録されています。最後まで観ていただけたら嬉しいです。)

http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=141174385

 

2019年03月06日八ヶ岳音楽堂

2年目となる八ヶ岳音楽堂でのコンサートが行われました。

「音楽の降る場所」と題してお送りしているこのコンサートは音楽と一緒に天空から、様々なものが

降り注ぐような時間です。

 

大自然の中で私たちは、心の距離をグッと縮められるような気がしていました。

 

4620693218506111673.B1E752D4FE13E050C7DCA5F7B7E39ACB.19030205.jpg

 

これからしばらくの元気にしよう!っと、清々しい空気をいっぱい胸に吸い込むと、むくむくとやる気が

湧いてくる。自分が元気になってゆくのを体の内に感じていました。

 

3月末に行われる「Graduation」=「卒業」ライブは、15周年から今日まで、笑ってはいたけど、本当

はとても納得がいっていなかった自分からの卒業です。

その想いは、3月のライブ時期に発売となるDVD「Journey to Me」に綴ったので、是非読んで頂けたら

嬉しいです。

 

4620693218506111673.98C75FF24A5CD30911043405EB7C7048.19030205.jpg

 

様々な方と演奏を共にしていただきますが、この5年間、「演奏をする」という意味合いだけなく、私の心に

寄り添いながら、音を通じて心もサポートし続けてくれた、心のやわらかなミュージシャン。

この二人との珍道中は、私に様々な形で音楽を発信する挑戦に挑ませてくれました。

 

そんな時間を振り返りながら歌っていたら、次の卒業ライブの事が頭によぎり、急に心が、15周年のステー

ジにタイムスリップしたような感覚に。

怖くて仕方がなかったあのステージで歌った「Where to go my love」を少し違う心で歌えるようになった

感覚を確かめると共に、「強くなったね」と自分を少しほめてあげたい気持ちになっていました。

 

20周年の終わりに、格好いいステージをお送りできるよう、エンジンかけてゆきたいと思います。

八ヶ岳までお越しくださったお客様、遠方までありがとうございました。